新潟では4月下旬~6月初旬、10月初旬~12月初旬が盛期となるイナダを陸から釣るジギング。

比較的簡単に釣れるのに、魚の引きは抜群!

楽しめる釣りなので、ぜひマスターしてもらいたい。

 

初心者の方でもわかりやすく書いていくつもりなので、前置きが長くなります。

ある程度知識がある方は目次『さぁ、釣ろう!』から見てください。

ライトショアジギングって何?

『ライトショアジギング』っていったい何?

と思われる方も少なくないはず。

ライトショアジギングは『ライト』『ショア』『ジギング』という3語に分解できます。

 

まずは『ライト』

これは『軽い』という意味です。

重くないという表現が正しいかな?

疑似餌のメタルジグも軽いものを使用して釣りをします。

 

次に『ショア』は陸の意味。

反対に陸ではなく船などから釣る場合は『オフショア』となります。

『オフ(OFF)』『ショア(陸)』ってな具合ですね。

 

最後に「ジギング」

これは疑似餌にメタルジグを使用して釣るのでジギングといいます。

疑似餌を使用して釣る釣り方は「○○ング」と付くようです。

例として、エギング、アジングなど

 

要するに、軽めのジグを使って陸から釣るので『ライトショアジギング』となります。

イナダについて知る

釣りをするとき、魚の特徴って大事だと考えています。

まずはイナダの特徴を説明します。

 

・イナダは出世魚です。ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと大きさで名前が変わっていきます。

※ちなみにイナダは30~40㎝の時の名前だが当ブログではサイズ測ってないのでほぼイナダとしてます。

・回遊魚で新潟であれば釣れるのは4月下旬~6月初旬、10月初旬~12月初旬。春は南の方から北上し、秋は北の方から南下します。

・キスやアジなどの小魚を食べるのでイナダが接岸している時期はキスが釣れなくります。

※キスが釣れ出せば、天敵のイナダがいなくなったと考えられます。

・とても動体視力が高く、ルアーなど見切られやすい

ライトショアジギングのタックル

ジギングは竿とリールに負担をかける釣りです。

なのでできるだけ専用の道具を用意した方が賢明です。

 

ライトジギングを始めた頃、シーバスロッドとリール(2500番)でなんとかできるでしょ!

と、釣りをしていたのですが、まずジグがしっかり飛びません。

飛ぶ時はしっかり飛ぶのですが、竿がびにょにょ~んっとなって飛ばない時があります。

しかも、イナダがかかったらイナダの引きに竿が負けそう&リール壊れそう。

 

結局買い直しました。

代用のタックルでも釣りは楽しめるのですが、

本格的にライトショアジギングを始めるなら専用に揃えたほうがストレスなく釣りが楽しめます。

ライトショアジギングは30グラム前後のロッドを使用しよう

私が使用しているライトショアジギング用のロッドはダイワ ロッド ジグキャスター MX 96M

 

値段は少々お高めですが、とても扱いやすく良い竿です。

やはりジギング用に設計されたロッドは扱いやすい設計になっています。

オモリ負荷も10~60グラムと幅が広く、ちょうど中間のオモリ負荷がライトショアジギングにマッチしています。

 

ロッドは比較的柔らかめで魚の食い込みも良く、魚のあたりをはじきづらくフッキングも良好。

弾力もあるのでジギングからショアスローまで対応可能です。

シーバスロッドなどでも釣りは可能ですが、先調子にできているのでジグをキャストするとき胴に乗せづらく投げづらくなります。

そんなに高い竿は買えないという方にはメジャークラフトがオススメです。

メジャークラフトは高級なパーツを使用しながら安価で買うことができる釣り具メーカーです。

メジャークラフトの中でも1万円前後で購入が可能なメジャークラフト ショアジギングロッド 3代目 クロステージ CRX-942SSJ がオススメできます。

ライトショアジギングではPEラインを使用して強度と飛距離を確保します。

PEラインは竿のガイドに負荷をかけやすくガイドに強度がないとすぐ壊れます。

この竿ならPEラインを使用しても、ストレスなくライトショアジギングがが楽しめるでしょう。

リールはシマノなら4000番台、ダイワなら3500番台

リールですがメーカーにより若干大きさが異なります。

ダイワなら3500番前後 、シマノなら4000番前後のできればハイギアが適しています。

 

もう少し小さくても釣りにはなりますが、ライトショアジギングは基本早巻きの釣りになります。

小さすぎるとどうしてもリール1回転の巻き量が少なくなります。

その為巻く回数が増えるため疲れます。

なので、ある程度の巻き量が必要なのです。

 

しかし、ただ大きいリールを使用すればよいというわけでもありません。

リールを大きくすれば巻取り量は増えるのですが、

リールが大きくなりすぎるとリールが重くなってしまいます。

とにかく体力がいる釣りなのでできるだけ軽く、そして多く巻けるリールが必要になります。

なので、コンパクトなのに1回転での巻取り量が多いハイギアが適しています。

 

あと大事なのがリールの剛性。

上記の通り、ライトショアジギングでは早巻きを多用します。

早巻きに加えイナダの引きも強力です。

安物のリールや軽量に作られたライトゲーム用のリールではリールに負荷がかかり壊れてしまいます。

サイズは小さいイナダですが、本当に力があります。

そこがこの釣りの魅力の一つでもあります。

 

そこでまず最初の1台目におすすめなのが、daiwa BG 3500H。

 

ダイワの低価格帯ジギングリール。

ジギング用に設計されているので剛性は問題ありません。

ダイワは1流ブランドですので品質も心配無用。

 

ちなみに私が使用しているのはdaiwa ヴァデル3500H。

とても扱いやすく剛性も問題なし。

リールのランク的にはBGの1つ上のランクなので高級品種でもありませんが

これでも十分で不満を覚えたことはありません。

お気に入りのリールです。

ライン・リーダー

リールに巻く糸はPEラインを使用します。

細いとトラブルが起こりやすくなるので始めは1.5号を進めます。

リーダーはPEライン強度と同等か少し強めのナイロンラインを使用します(PEライン1.5号なら30lb前後)

なぜ強めにするかというと、イナダを狙っているとサゴシなど歯が鋭い魚が掛かります。

なのであえて強めのリーダーというか、太いリーダーを使用します。

太いとPEラインから切れてしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、

PEラインとリーダーの結束部分がどうしても強度が落ちるのでそこから切れるので安心してください。

 

PEラインを使用する理由ですが、これは飛距離と強度のためです。

使ってみるとわかるのですが、とにかくPEラインだと飛びます。

遠くにジグを届かせるというのはとても大きなアドバンテージになります。

釣果に大きな影響をもたらすのでPEラインを必ず使用しましょう。

 

PEラインは細ければ細いほど飛距離が出ます。

しかし、慣れるまでは1.5号をオススメします。

ライトショアジギングだったら、慣れれば0.8号位まで細くしても良いと思います。

しかし、キャスト時のラインブレイクや岩などに擦れてのライン切れが怖いので徐々に細くしていくとよいでしょう。

 

PEラインは質が悪いとスピニングリールでもバックラッシュをします。

そうなるとPEラインが結ばれ、ぐちゃぐちゃになり釣りになりません。

最悪PEラインを巻き直さなければいけなくなり、新しい糸を買いに釣具屋さんへ走らなければいけなくなります。

 

私が愛用しているPEラインは、ラパラ ラピノヴァXマルチゲームというPEラインです。

様々なPEラインを使ってみましたが、価格と性能を考えた結果これに落ち着きました。

 

気になる点と言えば、ラインの色落ちです。

まぁ色落ちは釣行後ガイドをきれいに毎回洗っていれば問題ありませんし、色が落ちても性能の劣化はあまり感じられません(長期間使用すれば当然劣化します)

 

PEラインとリーダーの結束は柏木ノット。

ジグとリーダーの結束は完全結び(漁師結び)を推奨します。

個別ページにて動画でも紹介してありますので気になる方は見てください。

 

参照記事:強度抜群、柏木ノットの結び方

参照記事:「完全結び」は簡単に結べて強度抜群な、頼れる結び方

 

FGノットなど結束強度が強い結び方も存在しますが編み込み式は難しく、うまく結ばないとジグだけ飛んで行ってしまいます。

最終的にジグ代がかさみ釣りに行けなくなります(汗)

ライトショアジギングにオススメのジグ

ジグは消耗品ですのでお手頃価格の釣れるジグを使用したいですね。

ライトショアジギングなので、20~30グラム前後が投げやすいです。

 

いろんなカラーがあり悩みますが、色はピンクがお勧めです。

気になる色があるならそちらでも問題ありませんが、悩んだらピンクを選んでおけば間違いありません。

ジグのオススメは

 

ダイワ(Daiwa) ルアー スピードジグ コンパクトヴァージョン

ジャクソン GALLOP ギャロップ アシスト

 

が安くてとても釣れます。

通信販売などで安売りするときがあるので、その時に購入すれば節約できます。

 

もっともっと出費を減らしたいという方は、ダイソーで売っている100円ジグをオススメします。

トレブルフックやスプリットリングに多少難がありますが良く釣れます。

ダイソージグに簡易コーティングをしてみた

100円ショップで売っているトップコートを塗れば色をはがれにくくできます。

 

道具は用意した。さぁ、釣ろう!

準備は整いました。さぁ釣りましょう。

釣り場のポイントですが釣具屋さんで聞いたり、ネットで調べてください。

さすがに魚がいなければ釣れません。

 

どうしても狙っていたポイントに人が多くて入れない場合は、キスが釣れるサーフがおすすめです。

キス釣りができるということは海底の障害物が少ないと考えられますし、キスを狙って青物が入ってくる可能性があります。

今までの経験上、キス釣りができるところではライトショアジギングが成立しているので間違ってないはずです。

キャストしたらまずは着底

海上にナブラが発生していない場合、まずはキャストしたらジグを海底まで沈めましょう。

ジグを海底まで沈める際、何秒で海底まで到達するかカウントしておけば大体の深さが把握できます。

 

どうして海底まで沈めるかですが、ナブラはエサを捕食する際に海面までエサとなる小魚などを追い詰めています。

水中では大型の魚が海面にたくさんの小魚を追い詰め、空からは鳥が狙います。

ナブラが発生していないということは魚は海面の方に魚はいない。または居ても食い気がない状況と判断できます。

海面付近に魚がいない可能性が高いなら海底方面から探ったほうが確率は高くなります。

 

海底まで沈んだかどうかの確認方法ですが、慣れるまではキャストして水面に落下したらベールを戻し余剰の糸をすこし巻き取ります。

そうするとジグの重さを感じられるので、あとは糸を張らせたまましばらく待ちます。

海底につけば『トンッ』と着いたのがわかりますし、海底が柔らかくて衝撃がない場合でも竿先が軽くなるので把握できるはずです。

とにかく見切られるな!

着底したら間髪入れずに何かアクションを起こします。

はじめの方にも書きましたがイナダはとても動体視力が高いのでもたもたしていれば疑似餌だとすぐ見破られてしまうので、着底直後にジグを動かします。

 

慣れるまでは着底後、ただ巻きでかまいませんのでリールを巻きます。

この時の注意点ですがとにかく早くリールを巻いてください。

この早くリールを巻くというのがちょっとわかりにくい表現なのですが、全力で巻いて問題ありません。

イナダ(青物全般)は30グラムのジグが、ストーンと水中を落下していくスピードにも追いつき捕食してきます。

あのスピードについて来れるのなら、全力で巻いたくらいのスピードにも余裕で食いつけます。

ちなみにナブラが発生していた場合はナブラより少し奥にキャストし全力で水面を巻けば釣れます。

特にテクニックはいりません。ナブラまでジグが届くかどうかが問題です。

 

周りは釣れているのに自分はなかなか釣れない・・・・

そんな方は探っている深さの関係も多少はあるとは思いますが、着底後すべてのタナをジグは通ってきているはずです。

釣れないのはジグの動きが遅くて疑似餌とばれてしまい食いつかないのだと考えています。

ヒットする確率をあげるためのテクニック

ただ巻きでも釣れると言ってもさすがにキャストして着底したら全力で巻いていたら疲れます。

疲れるというか・・・想像してみてください。

いきなり全力で巻きだす人ってなんか不審者ですよね(笑)

 

イナダジギングの考え方

頑張って図を書いてみました!。

左側からジグが着底してからのジグの動きを表しています。

ただ巻き(早巻き)

まずは今まで説明していた、ただ巻きのジグの動きが緑色です。

海底から斜めに巻き上げられていくイメージなのですが、実際は高速で巻き取るため竿を立てて巻けばすぐにジグが水面に出てしまいます。

その場合は竿を寝かせて巻いたり、途中で一回巻くのをやめてジグを落下させてあげる必要があります。

 

巻き取るのを辞めると見切られてしまうのではないか?と思うかもしれませんが、一瞬ジグの動きは緩みますがすぐにジグがストンと落下し始めるので問題ありません。

この一瞬のスピードの緩みが良いアクションになり食いつかせるアピールになるので、ガーッと巻いてジグを落下させてやるという行為はただ巻きではとても有効です。

落下の範囲ですが1回着底させても良いですが、底の方に魚がいないと分かっているなら宙層で巻き始めてください。

この時に水深をカウントしていたのが役立ってきます。

大体今どこの層にジグがあるのかイメージしていくと釣果が上がっていくはずです。

一番楽にできるやり方なので是非試してみてください。

ジギング

次にの動きですが、これは竿をあおった時のジグの動きです。

竿をあおってジグを動かたアクションで食わせる方法なのですがイナダ釣りでとても有効です。

 

図でも表しましたが竿のあおりは2~3回で私はいつもやっています。

アオリイカ釣りで餌木の動きをみていると1回だけだとちゃんと餌木が跳ね上がらないんですよね。

ジグでも同じような感じがするので1回目は少なめに竿をあおり、すぐに余分な糸を巻き取ってもう一回あおる!これにより大きくジグを動かすことができます。

あおり方は真上にあおって大きくジグを跳ね上げたり水平にあおって横にスライドさせたりと様々な使い方ができます。

状況により試してみてください。

ちょっと変えただけで釣れだした、なんてこともたくさんあります。

 

この釣り方は魚の反射食いを狙っています。

人間でも不意に近くに虫とか寄ってきたらとっさに手で振り払いますよね?

魚は手がないので、口で追い払い、そのまま捕食します。

反射的に食うということはジグを見破られることも少なくなり、食い渋った時にとても有効。

また図を見ると分かりやすいと思いますが赤い線の落下分だけアピールできる距離・探れる層も伸びます。

距離や層が延びるということは、遠くにキャストしたのに近いことになるので飛距離がでにくいライトジギングでとても有効になっていきます。

 

難点はとても疲れます・・・

いくらライトなタックルだと言っても1日中しゃくっていたのでは腕がパンパンになるので疲れたらただ巻きしてみるなど使い分けてください。

 

また、ある程度手前に来たらあおらないで巻き取ってください。

あおった時にジグが弾丸のように飛んできて非常に危険です。

ワンピッチジャーク・ショアスロー

最近私が良くやっている釣り方がショアスロー。

やり方は1回あおって1回リールを巻く、ワンピッチジャークをもう少しゆっくりとした釣り方です。

 

スロージギングも図解してみた

水中のイメージとしては上の図のオレンジ色の動きになります。

ただ巻き、ジギングを範囲の広い釣りと考えるなら、ワンピッチジャーク範囲の狭い釣り。

図で言うと、黄色の範囲の魚が好反応を示しているときそこだけ積極的に狙うイメージ。

 

具体的なショアスローやり方ですが、簡単です。

竿先がジグの重さでしなるくらいあおります。

しなった竿は弾力でジグを引っ張るのでその間に竿を戻し1回転リールを巻きます。

それを繰り返すのみです。

竿先がしなる分だけのあおりで良いので小刻みに竿を動かすことになります。

この動きをもっと早く、鋭く行うとワンピッチジャークになります。

 

 

遅い動きだとダメと散々書いてきていて矛盾しているようですが、釣れるんですよね・・・

なぜ遅い動きでも釣れるのか私の考えを記事にしています。

興味があれば見てください。

 

参照記事:青物含め、大抵の魚はスピードを「0」にすると釣れると考えている

 

キャスト後は着底してから数回あおってから開始してもいいし、着水後カウントして水深を把握しても良し。

とにかく魚がいそうな層をイメージしながら釣ると釣果が付いてくると思います。

 

最近はショアスロー用のメタルジグもたくさん発売されてきています。

もちろん専用のジグの方が考えられて設計されている分効果はあるのかもしれませんが、今まで使用していたメタルジグでも十分な釣果が期待できます。

もしなにをやっても反応がない・・・なんて時は、思い出して試してみてください

是非釣ってください

以上、魚吉がいつもやっている釣り方です。

是非皆さんも最初の1本・・・とは言わずたくさん釣ってください。

 

最後に、イナダの体内にはアニサキスという寄生虫が潜んでいることがあります。

目で見える大きさなので、さばいたときに身の中にひも状のものが見えた場合は生食はやめてください。

猛烈な腹痛により、病院で胃カメラを飲み除去しなければいけなくなります。

アニサキス自身に毒性は無いので、加熱してアニサキスを死滅させれば問題はありません。

※アニサキスアレルギーというのがあるようです。

サバアレルギーを持っている方が実はサバがアレルギー源ではなく、アニサキスが原因だったということもあるようなのでアレルギーがある方は注意してくださいね。

スポンサーリンク