ども、魚吉です。

突然ですが、ベタチョコって知っていますか?

私は山形県に住んでいるのですが、ベタチョコは山形県民なら誰もが知っている超メジャーなパンなんです。

今回はこの超メジャーでうちの妻が愛してやまないベタチョコを紹介しますね。

これがベタチョコだ!

太陽パンのベタチョコ

写真のパンがベタチョコなんですけどわかりますか?ちなみに値段は130円と安い!

半分に切り広げられたパンに、名前の通りにチョコがベタベタ塗られているんです。

ちなみにホワイトチョコが塗られているのが冬限定のベタチョコ。

他には、夏限定のさっぱりとしたレモンチョコのベタチョコ、みんな大好きイチゴチョコを使った春限定のベタチョコ。そして超高級!倍の値段のプレミアムベタチョコなんてのも存在します。

袋にも書いてある通り昭和39年から製造されているロングセラー商品。特に特別な調理方法で作られたわけではないパンなんですが、この味が飽きをこさせないというかたまに食べたくなるんですよね。

ベタチョコ断面図

ベタチョコを半分にカットしてみました!

真ん中に白いクリームが見えると思いますが、バタークリームが塗られています。

魚吉が小さいころは表面のチョコをはがしながら食べて、その後クリームをなめていました。チョコもクリームも甘すぎず、さっぱりしていて食べやすいんですよね。

でも、チョコとクリームを食べちゃうと残るのはパン・・・普通のコッペパンになっちゃうんですよね。そうなるとものすごく寂しい。残すと怒られるし一緒に食べればよかったと後悔しながらただのパンを食べた記憶があります。

 

しかし!魚吉は男です!中学生くらいになると食べ方はワイルドになります!

ベタチョコの食べ方

最初に半分に切っちゃったのでうまく撮られていないのですが、半分に折ってあとはかぶりつく!

半分に折っちゃうとベタチョコじゃなくてチョコレートサンドになってしまうのですが、折って食べるとクリームが口の周りや鼻に付くことがないので、ワイルド且つスマートに食すことが可能になります。

もしかしたらこの二つ折りに食べる方法がベタチョコの本来の食べ方なのかもしれない・・・

ちょっと他の人の食べ方なんて観察したことないのでわかりませんが、もし食べる機会があって食べにくいなと感じたら二つ折りを思い出してください。

 

ちなみにベタチョコは山形県内のスーパー(ヤマザワとか)で購入することができます。

ベタチョコを製造している『太陽パン』敷地内に直売所もオープンしたので、山形県の高畠町に来た時にまわってみるのも良いかもしれませんね。直売所では、プレミアムベタチョコも購入可能です。ちなみに太陽パンの直売所は、水・土・日・祝祭日に営業しています。毎日営業しているわけではないので注意してくださいね。

そうそう、山形県のサテライトショップなどでも販売しているそうなので、興味があったら是非!