ども、魚吉です。

みなさんはシリコンスプレーってご存知ですか?

魚吉は釣り具などにシリコンスプレーを使用しています。

実はシリコンスプレーってすごく有能なんです!

値段も安価ですぐ試せると思うので紹介します。

シリコンスプレーってなに?

まず、シリコンスプレーがわからない方の為に説明します。

というか、魚吉も詳しくわからないので本当にかる~く説明で勘弁してください。

 

シリコンスプレーは簡単に言うと潤滑剤です。

しかし、潤滑オイルのようなヌルヌルする潤滑剤とは違いとにかくサラサラ。

吹き付けた素材に膜を作り動きを滑らかにします。

あと、防錆効果もあります。

 

そして価格が安い←これ大事

魚吉が使用しているのはコチラ

シリコンスプレーは釣りでも大活躍!カインズは価格も安い

魚吉が使用しているのはカインズホームで売られているシリコンスプレー。

値段は忘れちゃったけど確か200円くらい!

安いでしょ?

色々使えるシリコンスプレー

PEラインにシュッと吹付で飛距離アップ

リール巻いてあるPEラインにシューっとスプレーするとそれだけであら不思議!

PEラインににシリコンスプレーの膜ができて摩擦が減り、キャストの飛距離が伸びます!

 

その他、糸がごわついてスピニングリールでもバックラッシュが起きるときがありますが、それも減ります。

 

たまに安いからって理由だけでよくわからないPEライン買うとバックラッシュするんですよね・・・

 

ちなみにリールの糸に吹き付けるスプレーで有名な「PEにシュ」はフッ素コートだそうです。

フッ素コートの方が摩擦抵抗も少なく、潤滑効果も長いんですが値段が高いんですよね・・・

なので魚吉はシリコンスプレー!皆さんも良かったら使ってみてください。

ロッドのガイドに吹付でも飛距離アップ

一番伝えたかったのはPEラインにシューとすると飛距離が伸びるよ!

ってことなのですが、その他にも実は使えます。

 

それは、ロッドのガイド。

 

ロッドのガイドにティッシュとかキッチンペーパーを当てたらシューっとして周りを拭きます。

ガイドにもシリコンスプレーは使える。飛距離も伸びるし防錆効果も有り

ちょっと1人で写真撮ったので少しわかりにくいかもしれませんが、写真のようにガイドにシリコンスプレーを使用します。

ガイド部の摩擦が減り、キャスト時の飛距離アップと防錆効果が期待できます。

毎回釣りから帰ってきたら綺麗にロッドを洗い、その後スプレーしておくとロッドも長持ちします。

 

ただ注意点があります。

それはロッドのつなぎ目付近には絶対に使用しないこと。

 

つなぎ目付近の摩擦がなくなるとキャスト時にロッドのつなぎ目が抜けて穂先が飛んで行ってしまいます。

リスクは前もって回避しておかないとね・・・・逆にギュッと入りすぎて抜けなくなるかもしれないしね。

あとロッド本体もめっちゃサラサラになるのでロッドを繋ぐときとか抜くときは手からすっぽ抜けないように注意してください。

ルアーやジグに吹付で錆防止

あと、ルアーやジグを洗った後にシューっとしています。

これは防錆効果狙い

効果は出ているかイマイチよくわかんないんですけど(ダイソージグは帰宅中に錆びてる)やらないよりましかなと・・・

帰宅後、水をはったばけつにルアーやジグなんかをつけて結構しっかり洗っていても、次回の釣りの時には錆びているんですよね。

だから水洗いした後にシューっと吹き付けて保管をします。

シリコンスプレーを選ぶ時の注意点

最後に、ちょっとした注意を。

シリコンスプレーは溶剤が入っていないもの。グリスが入っていないものを選んでください。

溶剤が入っているとラインを痛めてしまうかもしれませんし、グリスが入っていたらビタビタになっちゃいます。

 

あと、室内では使用しないこと。

人体には影響が少ないシリコンスプレーですが、スプレーして飛散したシリコンスプレーがフローリングなどに付くとめちゃくちゃ滑ります!

これはほんとビックリしました。

娘も転んで「いちゃい」と言ってたし、怒られます(汗)

みなさん気を付けて!

 

カインズホームが近くになくてもホームセンターなどでもシリコンスプレーは売っています。

探してみてください。

 

知名度抜群の呉工業からもシリコンスプレーが販売されているのでもし悩んだ方はこれを。

ホームページ見たらリールの糸にもって書いてあるので問題ありません。

むしろ正しい使い道のようです。

 

ひとまず魚吉がやっているシリコンスプレーの使用方法はこんな感じ。

便利なのでみなさんにもオススメします。

スポンサーリンク