ども、魚吉です。

最近新しいタックルボックスを購入しました。

数回釣りにもっていってみたのですが、良かったので紹介します。

ランガンシステム、VS-7055

VS-7055

こちらがランガンシステム、VS-7055本体。

 

ランガンシステムにはVS-7055とVS-7070の2種類と

色外でVW-2055とVW-2070が販売されています。

数字の違いは違いは大きさです。

 

その他にも座ることができるように天板が強化された、バケットマウス。

BM-5000、BM-7000、BM-9000があります。

また、バケットマウスのOEM版でダイワからも販売されています。

TB-5000、TB-7000、TB-9000があります。

 

このシリーズには様々なカスタムパーツを取り付けることができ、幅広い使い方が可能です。

もちろん、ダイワのTBシリーズもバケットマウスと同じですのでバケットマウスに使えるカスタムパーツは使用可能です。

私がVS-7055を選んだ理由

VS-7055を選んだ理由

まず、最初に悩んだのが大きさです。

どのサイズのタックルボックスが使いやすいのか?

これに関しては既に使用していた、トムヤムクンさんに相談。

 

結果、サーフをランガンする場合はできるだけ軽装備が望ましいという結論になりました。

タックルボックスが大きければ大きいほど重くなります。

しかも内容量も増えるので重さはさらに増します。

それを持ちながらのランガンは非常に厳しいということでした。

 

となると、候補に挙がるのがVS-7055と色違いのVW-2055。

または少しサイズは大きくなるがBM-5000とTB-5000。

これに関しては悩むことなく、VS-7055かVW-2055に決まりました。

絶対便利な上段収納

なにが良かったかというと、VSとVWシリーズにある上段収納。

バケットマウスシリーズは座れるように天板が強化されており上段収納がありません。

釣りしてる時、たまーに座りたくはなりますが基本立ちっぱなしで今まで不便したことがないのでここら辺は即決。

 

問題はカラーです。

VW-2055はオレンジ色なのですが派手すぎてちょっと・・・

かといってVS-7055にするとトムヤムクンさんと被っちゃうんですよね。

悩んだ結果、トムヤムクンさんに「被っちゃうけどごめんね」と一報を送りVS-7055の購入を決意。

 

というか、ダイワの方でVSシリーズと同じタイプのタックルボックス発売してくれていれば間違いなくそっちにしてました。

TBシリーズのカラーってかっこいいよね。

ただ、値段が少し高いけど・・・

コンパクトだけど思った以上の内容量

思った以上に容量がある

はじめは小さいなと思っていたのですが、釣り具を入れてみると結構な量を入れることができます。

ちなみに写真中央の仕切りは取ることができ、位置もずらすことが可能です。

中身の寸法ですが、

VS-7055寸法

引用元:明豊化学工業株式会社

と、Bの幅が183mmなのでなかなかサイズ的に合うものを探すのが難しいです。

しかし、Aの幅が232mm、深さが160mmあるので仕切りを使用せずに使っていったほうが使い勝手は良さそう。

メイホーからはVS-7055用のルアーケースも発売されているのでこちらを使うのも手です。

上蓋ですが、写真の用開いた状態だと取っ手が支柱になり上蓋側も固定されます。

なので、上蓋側を作業台として使用することもできるというこだわりっぷり。

VS-7055をカスタムしてみた

カスタム完了

今回購入したVS-7055含め、上記の製品はカスタムが可能です。

写真のようにロッドスタンドを取り付けてみたりドリンクホルダーを付けれてみたり様々です。

まずは底にクッションを付けよう

まずは底に付属のクッションを貼り付けよう!

写真だとロッドスタンドくっついちゃってますが最初にクッションを貼り付けましょう。

ずいぶんフローリングガリガリ言うなと思っていたらまさかの貼り忘れ。

ロッドスタンドの装着

ロッドスタンドを装着するといろいろ便利

ロッドスタンドを装着すると何かと便利でした。

まざ、竿を立てた状態で持ち運べるので片手が開きます。

また、ロッドスタンドの上面はプラスチックではなくゴムのようなエラストマー性です。

なので立てた状態でリールに傷がつくことがありませんし、写真のようにサーフでの竿掛けの役割もできます。

ロッドスタンドは多少伸縮できるのでグリップエンドの長い竿の竿掛けも可能です。

参照:VS-7055にロッドスタンドを取り付け、持ち運びを楽にしよう

 

しかし、1つ注意点があります。

ランガンシステムの欠点なのですが、取っ手が垂直に立った状態でロックされません。

ロックされないと何が問題化というと、竿の重さてボックスが持ち運び中に傾きます

どうしようもないので魚吉は、取っ手とリールのハンドルかベールをもちながら移動するようにしています。

ロッドスタンドを左右対称にし、バランサーの役割をもたせるということも可能です。

しかし、万が一傾いたときに竿が落ちてしまいリールに砂が噛んでしまうと大変です。

傾くものだと思いながら何かで固定して持ち運ぶ用に注意してください。

ドリンクホルダーの装着

ドリンクホルダー

ドリンクホルダーもメイホーさんより発売されています。

底面に水抜き用の穴が開いてあります。

だからドリンクを入れる以外にも、使用後のルアーを入れて置いて帰宅後水をかけて洗うことだって可能です。

ここら辺はみなさんのアイディア次第です。

その他、様々なカスタムパーツがある

上記で紹介しているカスタムパーツの他にも様々なカスタムパーツが存在します。

 

このフィッシュグリップもランガンシステムシリーズに取り付け可能。

これがあれば、アジングなどで大活躍間違いなしですね。

私はすでにフィッシュグリップを持っていたので、ルアーホルダーを取り付けました。

ただこのルアーホルダーはVS-07055につけるには不向きな点が数か所存在します。

そこを気を付ければ役立ちます。

まとめ

今回購入したVS-7055.

コンパクトなのにたくさんの釣り道具を詰め込むことができ便利。

しかも、専用のカスタムパーツを使用することにより様々な形にアレンジ可能。

歩きながら釣りをするランガンスタイルでは『片手が空く』という大きなアドバンテージをもたらします。

※上記したようにロッドを立てるとBOXが不安定になりますので注意してください。

 

最近道具が増えて大変だと思っている方はこんなものもあると知っていただければと思います。

スポンサーリンク