おやすみ、ロジャー

ども、魚吉です。

最近の我が家の悩みは娘の寝かしつけです。

夜になるとママがいるのでもうすぐ1歳8か月の娘は超ハイテンション!夜9時には消灯するのですがさっぱり寝ません。この間はなかなか寝ないので妻に先にお風呂行ってもらったら大泣き(汗)泣き止んだ後もヒックヒックいうくらい泣いたのは初めてだったのですが、そのあとからママ追いが激しくなりお手上げ状態です。

しかし娘が寝るまで妻が寝かしつけをしていると、妻が寝る時間が遅くなります。しかも、うちの娘は夜泣きもするので、ますます睡眠時間が減っていきます。

そんな時知った、寝かしつけの本『おやすみ、ロジャー』キャッチフレーズはたった10分で寝かしつけ!と、何とも強気です。これが本当だったらすごい!と思い本屋さんで購入してきました。

おやすみ、ロジャーの効果

この『おやすみ、ロジャー』なのですが、絵は何となく不気味。写真のウサギが主人公。

しかも、絵本だと思いきや絵はほとんどなく字ばっかりです。ちょっと変わっているのは、寝かしつけの本ということだけあって、文字に色がついていたり太くなっている箇所があります。その文字に従って読み方に強弱をつけて読んでいきます。

そして見開きの1ページには、「車を運転している人のそばで絶対に音読しないこと」の注意書きが・・・こえぇ~。

おやすみ、ロジャーの注意書き

購入した夜、さっそく読み聞かせてみました。

最初に分かったことは、この本なかなか読み手の実力が必要だということ!

強弱とかゆっくりとかなかなか魚吉には難しく断念。本じゃなくてCDとか音源で売って欲しい!(汗)うまく読めなかったので妻にバトンタッチ!妻が頑張って読んでくれました。

妻が読んでいるとここで問題が発生!娘が「バイバイ」と言い、本を抱きかかえて走り回りだしました。本は気に入ったようですが本を読んでもらうのは、あまりお気に召さないみたい。

結局、本を大事そうに抱きかかえ、しばらくしたら持ってきて読み始め、少し聞くとまた「バイバイ」と本を抱きかかえて歩き回るの繰り返し。1歳8か月ではまだ読み聞かせは早かったのか?それとも絵本を一緒に見ることはしていましたが、夜寝る前に読み聞かせの習慣がないのでじっと聞いていられないのかはわかりません。

今のところうちの娘を10分で眠らせることはできませんでした。

しかし、本を読んだのは前半部分。最後まで聞けるようになれば本が終わるころには夢の中に吸い込まれているかもしれません。しばらくは、寝る前に『おやすみ、ロジャー』を読み、少しずつ最後まで聞いていられるように頑張っていきたいと考えています。

2016年5月26日追記

娘は2歳を迎えました。最近の現状を報告します。

実は、『おやすみ、ロジャー』の出番はなくなってしまいました。あんなに寝付きが悪かった我が家の娘ですが、2歳を迎える前におしゃぶりを苦労の末に辞めました。そして、夜中にぐずると与えていた粉ミルクも辞めました。

2つの辞めたことがきっかけかは不明ですが、おしゃぶりも夜のミルクも与えないようにし、なんとかごまかしながら1週間くらいたったあたりから自分から「寝んね」といって寝るようになりました。夜中のミルクはお腹が空いているから泣いているのかと思っていたのですがもしかしたら習慣だったのかもしれません。

おしゃぶりも、もしかしたらないと寝れないという習慣が付いていて、おしゃぶりをもらうまで寝なかっただけで無いと分かればすぐ寝れる状態だったのかもしれません。こればっかりは個人差もあるし我が家はたまたまそうなっただけなのかもしれませんが・・・

ひとまず現状、『おやすみ、ロジャー』は本棚でおやすみしていただいています。もしかしたら数年後、また出番が出てくるかもしれませんので・・・

そして最近の悩みは娘の早起き。9時にすやすやと寝てくれるようになりましたが、毎朝4時半に決まって起床します。もうすこし寝ていたい!