リンドールチョコ5種

先日コストコで購入してきたリンツ リンドール アソート チョコレートトリュフの紹介です。

妻に頼まれて購入してきたのですが、このチョコレートはコストコでは結構定番のチョコレートのようですね。

コストコかみのやま店へ買い物。なかなか良い買い物ができた!

人気の理由はやはり値段。少しづつ値段は上がっているようですが600gで1798円!

リンドールチョコ 600g 1798円はお得なのか!?

これって高いの?安いの?とわからないと思いますが通販サイトで探してみると間違いなく安いです。

気になる方は見てみてください。

 

これ1袋で600円くらいはお得な買い物になるので、これは年会費の元をあっという間にとれそう!

600gで何個入っているかも気になりますよね?安心してください!数えました!

数えた結果、総数50個。しかーし、なんかフレーバー毎の数がずれてる。なんで?

ちなみに、黒9個、赤11個、青10個、橙10個、金10個で黒が1個少なく赤が1個多い。これはたまたまなのか?それとも全部こういう配分なのかは謎です。

5種のフレーバーを紹介

上記で5つの色で個数を説明しましたが色毎にフレーバーが違います。

皆さんに紹介するため、妻に5種類ちょうだいとお願いしたら快く承諾。

ナイフの使い方が慣れない魚吉さんの為にカットまでしてくれました!ありがとう!

というわけで、妻がカットした画像付きでお送りしまーす。

ミルク

リンドールチョコミルク

赤い包み紙はミルクです。今回購入したアソートの中でなぜか1個数が多かったフレーバー。

味はとにかく、あまぁ~~~い!甘い!!甘いんです。

甘いのに目がない方にオススメ。

ブラックコーヒーととても相性がよさそうな印象。

1個で十分な甘さを感じれるので、あと手が伸びなくります(笑)

ダーク

リンドールチョコダーク

フレーバーはダークなのに鮮やかな青の包み紙!

一口食べて「え!?これ何フレーバー?」と妻に聞いてしまったのは内緒♪

青い包み紙を見てダークなんてわかんない~。ダークとわかってもわかんない~(笑)

ちなみに味は普通です。普通の美味しいトリュフチョコ!

ひとまず1個目はこれを食べとけば間違いない感じ。

ダークという名のノーマル・・・

エクストラダーク

リンドールチョコエクストラダーク

これだけなぜか1個少なく入っていたレアフレーバー!

その名もエクストラダーク!!

包み紙も黒いし誰にも文句は言わせないダークな雰囲気が漂ってます。

ちなみに包み紙がこれだけ横を向いているのは魚吉のポカミス。なにも狙っていません!

 

味はキリッとビターなダーク。魚吉一番のお気に入り!

もちろんそれなりの甘さはあるのですがもう一個食べちゃおうかな~?てきな甘さです。

『高級トリュフ』を食べているような満足感♪おいしい・・・

ホワイト

リンドールチョコホワイト

金色の包み紙に包まれたホワイト!

妻曰く「ホワイトチョコ嫌いな人いるのかな?」という感じの美味しさ。

食べた感想は他のチョコと比べるとさっぱりした味なのですがコクが強い感じです。

他のフレーバーを食べた後に食べると最初味がわかりません。それくらいさっぱりしているのですがしばらく後に一気にホワイトチョコが追い上げてきます。

ホワイトチョコ好きにはたまらないと思います。

ピーナッツバター

リンドールチョコピーナッツバター

橙色の包み紙のピーナッツバター。

なぜかこれだけ包み紙に『ピーナッツバター』の表記がある親切設計!?

これは一体どういうこと?アレルギーとかそういう関係?

 

味はなかなかな個性的なんです。

食べた最初の印象がしょっぱ!!その後甘っ!!そしてしょっぱ!!!

なかなか塩っ気が利いたトーストに塗るような感じの濃いピーナッツバターですが、味が目まぐるしく変化するのでとても楽しめます。

ちなみに妻一番のお気に入り!

5種もフレーバーがあればお気に入りに出会えるはず

リンドールチョコ断面

一通り食べてみましたが、どれも個性があり美味しかったです。

あ、ミルクだけは甘いもの苦手な魚吉にはちょっと厳しかったけど・・・(笑)

外国のチョコレートってどれも甘すぎてちょっとなぁ~という気持ちも最初はありましたが探してみると美味しいのあるんですね。

特にコストコではとてもお得に購入できるので見かけたら是非購入してみてください。

きっとお気に入りのフレーバーがあるはずです。

 

ただ50個って結構食べきるまで時間かかりそうです。