手足口病画像

娘が手足口病にかかりました。

実は先月も手足口病にはかかっているのですが今年2回目です。

 

先日38℃くらい熱がカーッと上がってすぐ落ち着いたのですが足の裏赤くなっていたので気になっていたんですよね。

 

1回目でだいたいどんな病気かわかっていたので娘の手と足を観察。

上の画像のように水泡ができていたので間違いないな!と思い通院。

やはり手足口病と診断されました。

 

小児科の先生・・・

「先月の跡もあるけどフレッシュな手足口病も出てるね~」

と、すごくマイペース。フレッシュって(笑)

 

なんだか先月流行ったものとは型が違う手足口病が流行っているようです。

手足口病を簡単に説明

手足口病は簡単に言うと夏風邪の一種です。

ただ、感染力が強く手・足・口(口内も)に発疹ができる特徴があるので手足口病と名づけられています。

手足口病に効く特効薬はないのでビタミン剤や症状に合わせた薬を処方されます。

 

ちなみにうちの子は、前回も今回も熱はすぐ下がるのですがお腹がゆるくなります。

なのでビタミン剤と整腸剤が処方されました。

なぜか娘はこのビタミン剤と整腸剤が大好物!毎食ニコニコです。

 

保育園は園によって通園してよいか悪いか別れるようです。

手足口病にかかってしまったら保育園に通園可能か確認が必要です。

 

娘が通っている保育園は熱などの体調不良がなければ通園可能。

発疹出たころにはもう周りに感染しているのでしょうがないよねぇ、みたいな感じです。

 

ちなみに手足口病のウィルスは便から排泄されます。

最終的にお尻にも発疹ができるので手足口ケツ病が正解だと思う・・・