ども、魚吉です。

先日ひさびさに喜多方へラーメンを食べに行ってきました。

雪も溶けて山形から喜多方へ行くのも楽になってきたし、これから喜多方ラーメンを食べに行く機会も多くなってきそう。

その喜多方へ向か移動中、妻からリクエストがありました。

 

「まずいパンが食べたい」

 

一瞬なに意味不明なことを言っているのかと思いましたが、よく考えたら1つ心当たりが・・・

日本一まずいバターパンの味は?

皆さんよく見てください。

その名も、日本一、まずい、バターパン。

インパクト抜群の名前のこのパン。なんお値段50円!

いやー、ビックリですね。

安いのでまずいと宣言されてても買ってみたくなっちゃいます。怖いもの見たさってやつ?

あ、でも妻は1回食べたことがあるので、普通に食べたくなって購入しました。

 

この、日本一、まずい、バターパンを販売している山口食品さんは、喜多方ラーメンがおいしいと評判の『あべ食堂』の向かいにあるので気になった方は是非行ってみてください。

え?山口食品の店の写真は無いのかって?

あべ食堂に長蛇のれつができていて、恥ずかしくて写真は撮れませんでした(笑)

おっきな袋をぶら下げて山口食品から出てきたらすごく注目を浴びたんだよね・・・

気になる味は?

日本一、まずい、バターパン。味が気になりますよね?

まず、日本一まずいバターパンはどんなパンかというと、名前の通りバタークリームが入っているパンです。

日本一まずいバターパンの断面

上記の写真が2つにちぎった状態の日本一まずいバターパンなのですが、50円の割にバタークリームたっぷり入っています。2つにちぎるとき気を抜いていたので手にバタークリームがはみ出てくっついちゃいました!

ただ、名前の通りなのはここまで!

味はまずくありません!

おいしいかと言われたら50円だし、す~~っごくおいしいとは言えませんが50円以上の価値があるおいしさです。

なんだろう?懐かしの味?なんかバタークリームがバター?ってな不思議な感じなのですが、甘いクリームが癖になる味です。見た目それなりの大きさに見えるのですが、軽くてお腹にたまらないのでペロッと食べれちゃう。子供のおやつなんかにも良さそう。

 

まぁ、あれですね!一番まずいのはネーミングだった!

 

実はこの山口食品には日本一、おいしい、白バターパンなる物も存在します。

日本一おいしい白バターパンは、本当に日本一なのか?

良かったら合わせてどうぞ~。