ども、魚吉です。

やっぱり天気は好転せず本日は家でゆっくりしているところです。
4月はとにかく毎週週末なにか行事があるので今季初釣りはいつになるんだろう?
そして行けそうな日に天気良くなるのかな。
さすがにまだこの時期の雨の日は寒いので釣りに行きたくないです。

話は変わりまして、先日仕事中こんなことがありました。

休日出勤中だったのですがある方が
『税金高くなるので帰りま~す。おつかれ~』
といっていたので聞いてみたんです。

どうもその人曰く4~6月残業すると税金が高くなるから仕事が薄いならなるべく働きたくない。
とのことでした。
魚吉はそんな話聞いたことがなかったので今日、暇だし調べてみました。

調べてみたところ税金ではなかったのですがありました!
4~6月の収入が増えると、厚生年金・健康保険の保険料が増える可能性があありました。

住民税などの税金は前年度の収入で計算しているので4~6月の収入は関係ないそうですが、
厚生年金・健康保険料の保険料は4~6月の収入により保険額が決定します。
1年間の平均額を計算するのが大変なので昇給した4月以降の3か月の収入の平均額で決めているようです。

4~6月の収入によって等級が決められており、厚生年金は30等級・健康保険は47等級に分けられています。
詳しい等級はこちらに書いてあります。

この等級で1年間に払う保険料が決まってしまいます。
残業手当の他にも皆勤手当て役職手当など毎月もらえる手当(収入)も含まれますので狙って減らせる手当は残業手当位しかないんですね。

それにしても厚生年金は払っても将来もらえる年金が増えるので気になりませんが
健康保険料は将来戻ってくることないので4~6月の収入で決まっちゃうのはつらいですね。

先ほど紹介したサイトに書かれてありますが、
月額20万円お給料もらっている人が4~6月残業を頑張り月額平均23万円になった場合
月約5400円、年間役65000円も保険料が増えてしまいます。

いやー、これは参った。
そんなに増えちゃったら困っちゃいますね!
だいたい、4~6月たまたま忙しくてその後ばったり・・・・
なんてなってしまったら、大変!

しかし、忙しいときに残業しない!なんてことも非現実的ですから
無駄な残業はしない、というのが会社にも自分にも優しい方法なのかもしれませんね。