昨日の釣りから帰って続きの話になります。

帰宅後、すぐに布団に入って眠ったわけですが3時間くらい寝たところで節々の異常な痛みと寒気で目が覚めました。

これはちょっとおかしいなと思い熱を測ったらなんと38.5℃もあるじゃないですか!

これは病院に行かなきゃ!と思ったのですがかかりつけのお医者さんは木曜日休み。なんてタイミングが悪い!

というか、内科の個人のお医者さんって木曜日休み多いんですね!めったに病院に行かないのでわかりませんでした。仕事中の妻にラインで『木曜日にやっている病院教えてくれ~。調べるのも億劫』と連絡。しばらくしたら返事があり、昔、住んでいたアパート近くの病院が午前中だけやっているということだったので通院しました。

この病院は評判はいいんですけど混むんですよね。この状態で長時間待たなきゃいけないのか~。なんて思っていたのですが病院に着いた時にはもう体温は39℃近く。なんか優先的に診察してもらえたような気がします。

診察中に聞かれたことはまず初めに、海外旅行に最近行った?ということ。あぁ、なんかの熱病疑ってるんですね。しかしそれは無いです。魚吉さんまだ海外に行ったことありませんし言葉が通じない海外に行こうとも思いません。新婚旅行も北海道でしたもん。

次に聞かれたのが家族で最近同じ症状の人いる?ってことでした。これはちょっと微妙なんですが最近家族中で風邪なのか咳をしています。しかし、魚吉さんは咳が出ないしみんなが出ていない高熱を発症しています。そんな感じなことを先生に話すとじゃあ家族の風邪とも違うねぇ。とのこと。

そして、先生の判断は風邪、もしくはインフルエンザとのこと。え?インフルエンザ?!

一瞬耳を疑いましたが去年は沖縄でインフルエンザが8月に発症した事例があるらしく、インフルエンザは冬の病気とは決めつけられなくなってきているようです。というわけで、インフルエンザの検査をこのくそ暑い真夏の7月に受けました。といっても、綿棒みたいな棒を鼻に突っ込まれただけですが・・・・

結果は陰性。ひとまずインフルエンザではないという検査結果は出ましたが検査も完ぺきではないそうで感染予防のためにインフルエンザ用のお薬が処方されました。ちなみに検査では7割はちゃんと陽性反応出ますが約3割はインフルエンザでも陰性反応で出るらしいですよ!

処方箋をもらい薬局でインフルエンザ用の薬をその場で吸引して、ほかの錠剤の説明を聞いて帰宅してきました。今は、粉末の薬を吸引すると約20日間効果出るというすごく楽な薬出ているんですねー。

ひとまず、一晩明け今の体温は37.0℃ブログ書けるほどまで回復しました!みなさんも高熱が急に出た場合もしかしたらインフルエンザかもしれないので市販の薬で済ませようとせずに通院した方がいいですよ。