ども、魚吉です。

当ブログではライトショアジギングの方法が人気です。

参照記事:イナダを一本釣らせてみせます!ライトショアジギングの釣り方考え方

 

釣れないときってメタルジグのカラーが間違っていないかと心配になりませんか?

今回はメタルジグのカラーの使い分けを考えていきます。

メタルジグの選び方

回遊魚の青物がターゲットなのでアピール系のピンクは鉄板

ライトショアジギングでのメインターゲットといえば、青物。

青物ってじゃあなに?と考えると、イナダやサゴシになります。

地域によっては太刀魚なんかもターゲットに入ってきます。

 

この青物の共通点なのは回遊魚という所です。

ライトショアジギングは、基本的にその場に居ついている魚を狙うのではなく回遊してきた魚を狙います。

なので捕食に意欲的な、やる気がある魚をメインターゲットにしています。

 

ライトショアジギングをしている方なら経験があると思いますが、やる気がある群れが回ってきた時のアタリの多さはすごいものがあります。

警戒心なんかは二の次で速く動くものを我先にと追いかけて他の魚に取られんばかりにひったくっていきます。

針が掛かりしなくても次の魚がアタックしてきたりとかなりの迫力があります。

 

前置きが長くなってしまいましたが、ライトジギングに置いて最重要なのは魚にジグを気付いてもらうことです。

なので、アピールが強いカラーのピンクは鉄板になります。

 

ピンクは膨張カラーでもあるので朝マズメや夕マズメなど光量が少ない時などにも活躍します。

朝マズメ・夕マズメは一番釣れる時間帯でもあり、その時にピンクが活躍するのでピンクを押している人も多いかと思います。

 

とにかく、ピンクさえあればそれなりの釣果が出せます。

それほどライトショアジギングに置いて強いカラーなので是非タックルボックスに入れて置きましょう。

こだわりが無ければダイソーにピンクのメタルジグが売ってあるので、それを購入しておけば問題ありません。

天気が良くて澄潮の時はイワシカラーやシルバーが効く

上記でピンクがあれば問題ないと記載して矛盾しますが、天気が良くて潮が澄んでいる場合はイワシカラーやシルバーカラーがお勧めです。

特に、魚は回遊してるんだけど食い気がない場合、真昼間辺りがこの条件に当てはまります。

 

魚はいるはずなのに食い気がない・・・魚が好んで捕食しない時間帯です。

なんとかして1本釣り上げたい。

そんな時に試したいのがイワシカラーやシルバーカラーまたはゴールドカラーです。

 

イワシカラーやシルバー・ゴールドは海中にいる小魚に近いカラーです。

日差しをうけキラキラと乱反射することにより、海中の小魚の様にアピールします。

 

群れた魚はかならず競い食いをします。

競い食いというのは、ほかの魚が捕食しようとすると別の魚が競って我先にと食べようとする行為です。

ライトショアジギング経験者なら2~3匹の魚がメタルジグを競うように追いかける光景を目にしているはずです。

 

ピンクなどのアピールカラーに反応するほどの活性の場合は勝手に群れの中で競い食いモードになっています。

が、アピール系に反応しない場合はナチュラルカラーを選択し、魚を食べたいと思っている魚にスイッチを入れさせます。

1匹のスイッチを入れると連動して他の魚が競い食いのスイッチが入ります。

群れの中の1匹でもベイトだとだませるように攻めていきましょう。

曇りで日差しがない時や濁り潮の時・水深が深い場合はケイムラ

曇りや水深が深くメタルジグのフラッシング効果が期待できないときに効果を発揮するのがケイムラです。

ケイムラというのは蛍光紫の略ですが、別に紫色なわけではありません。

ケイムラは紫外線を反射することができる塗料だと思ってもらうとわかりやすいです。

 

紫外線は曇りの日でも発生しているのでシルバーやゴールドよりも日差しが弱い時に有効です。

また、紫外線なので海中にも貫通してはいってきています。

むしろ紫外線は日光よりも深い水深まで侵入しているので紫外線を反射するケイムラは水深が深いポイントや曇りの時に効果を発揮すると考えてよいでしょう。

もちろん天気が良い日なんかは紫外線がたくさん放射されているのでアピール力抜群という考え方もできます。

が、使い分けを考えればケイムラ加工されたメタルジグは日差しが少ない日という考え方の方が迷いがなくなります。

 

ただ、ケイムラは日差しがないと紫外線がないので反射できません。

真っ暗な夜釣りには向かないので気を付けてください。

夜釣りをするならグローカラー

最後に、私はライトショアジギングを夜にしないので使いませんがグローカラーを紹介します。

 

グローは、ライトを当てることにより光量を溜め光を放出する塗料です。

日中でも太陽光を溜めて光ってるとは思いますが、光量が弱いのであまり光を感じられません。

なので日中ならフラッシング効果を利用したほうがアピール力はあります。

 

しかし、真っ暗な夜の場合はグローでないと光は発生させることができないのでジグの場所を広く知らせるカラーとして効果はあると思われます。